駐車場がある方必見!【毎月36,000円?】駐車場を貸し出そう

節約

駐車場を貸し出して、お金を稼げるってホントですか?

ほんとですよ!!

「特P」というサイトなら、毎月数千円〜数万円も稼ぐことができます!

そんなに稼げるんですね!

でも、手間とか時間がかかって大変そう

そんなことないよ!

スマホがあれば、簡単にできるよ

それなら僕にもできそうだ!

よし、挑戦してみよう!!

check
  • 「自宅に使っていない駐車場がある」
  • 「車で外出する機会が多く、駐車場が空いている時間がある」
  • 「空いているスペースを有効活用したい」
  • 「副業で、毎月数万円程度稼ぎたい」

このような方は、空いている駐車場を貸し出しを検討してみてはいかがでしょうか?

駐車場の空き時間や空きスペースを有効活用できて、毎月数万円の収益に繋げられる「駐車場シェアリングサービス」が空き駐車場を貸したい人に人気が高まっています

毎月、数万円が有ると無いとでは生活が大きく異なります

ただし、自宅の駐車場を貸すことにはリスクもあるため、事前に確認しておくことが大切です

そこで、ここでは最近人気の「駐車場シェアリングサービス」について、メリットやリスク、登録の手順などを紹介していきます。

このような方におすすめの記事です

「駐車場を貸すことに興味のある方」

「駐車場ビジネス、駐車場経営、土地活用を考えている方」

「駐車場の空き時間を有効活用したい方」

「副業として収入を得たい方」

↓「特P」に登録するには、こちら

【スマホで駐車場を貸せる最強の不労所得】特P

なぜ「駐車場シェアリングサービス」が人気なの?

富士経済の調べでは、2030年の駐車場シェアリングの市場規模は、2017年比で68.4倍の1,094億円になると予想されています

駐車場シェアリングのニーズ急増に伴い、駐車場シェアリングサービスを使って駐車場を貸す方が増えています

ここでは、なぜ「駐車場シェアリングサービス」が人気なのか、確認していきましょう

理由1:需要が高まっている

冒頭でも触れたように、駐車場シェアリングサービスの市場は、どんどん拡大を続けています

国もシェアリングエコノミーの施策を発表していますので、時間の経過とともに国民への認知度がさらに高まっていくでしょう

「施設の駐車場やコインパーキングは高いから、シェアリングサービスで安いところを探そう」

実際、そんな利用者も増えています

理由2:初期費用が無料でリスクが低い

  • 更地OK
  • 初期費用、運営費用が0円
  • いつ辞めてもOK

画像のように、更地OKのため、初期費用が無料です

さらに、いつ辞めてもOKのため、リスクがありません

ひとことで言いますと

まったくお金がかからず
駐車場を貸した分だけ収益が入ってくるサービスです

出費も無く、損する事も無いので
空いている駐車スペースをお持ちの方達に
大流行しています。

理由3:誰でも簡単に

1つでも当てはまれば貸し出せます
  • 平日の時間だけ空いている
  • マイカー通勤の合間だけ空いている
  • バイクのスペースが空いている
  • 出かけるので数時間だけ空いている
  • 月極駐車場が空いている

このように、誰でも貸し出すことができます

駐車場を貸し出すことの3つのメリット

メリットから見ていきます

メリット1:不労所得を得られる

まず、最大のメリットは不労所得を得られるということです

初めは、「特P」というサイトに駐車場の情報を登録するなど必要がありますが、それさえ済んでしまえば、空いている駐車場を貸し出すだけで、毎月数万円の収益が生まれます

メリット2:初期費用が無料

さらに、大きなメリットは、初期費用が無料ということです

空いている駐車場とスマホさえあれば、誰でも貸し出すことができます

さらに、駐車場といっても、バイク1台分のスペースさえあれば、貸し出すことができます

メリット3:セキュリティー対策になる

自宅の駐車場を貸すタイミングといえば、自分が車に乗って出かけたときや、車庫が空っぽになったときです

駐車場を貸すことで人の出入りがあるように見せられるため、家に誰もいないときのセキュリティ対策になるでしょう

駐車場を貸し出すことの3つのリスク

次に、駐車場を貸し出すことで生まれる、 3つのリスクについて紹介していきます

リスク1:無断駐車される可能性が高まる

シェアリングサービスに登録して自宅の駐車場を貸す場合、サービス上に駐車場の場所や貸し出しの意思が表示されるため、無断駐車される可能性が高まるのです

また、無断駐車されたからといって、持ち主の許可なく車をレッカー移動すると罪に問われる場合があります

そのため、無断駐車されないよう、鍵で開閉する柵を立てたり防犯カメラを設置したりといった対策が必要です

リスク2:駐車場の設備を壊される恐れがある

駐車スペースや車庫が狭い場合、入出庫のときに壁にぶつかるリスクが高まります

壁を壊された場合は、壊した人物に修繕費の支払い義務があります。しかし、修繕費を支払わなかったり口論になったりと、面倒なトラブルが起こる場合もあるでしょう

リスク3:空き巣に入られる可能性が高まる

自宅の駐車場を貸すことで人の出入りがあるように見せられる反面、借りた人物が空き巣に入るケースもあります

自宅に誰もいないことが分かっている場合には、堂々と空き巣に入られる可能性があるということです

「特P」に登録して貸し出すまでの5つの流れ

ここからは、駐車場シェアリングサービスの「特P」というサイトに登録してから、実際に駐車場を貸し出し、駐車料金を受け取るまでの流れを解説していきます

↓「特P」に登録するには、こちら

【スマホで駐車場を貸せる最強の不労所得】特P

1:「特P」に登録する

まずは「特P」に個人情報を登録します

登録する情報は、

  • 名前
  • 性別
  • 住所
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

などです。登録する情報はシェアリングサービスによって異なるため、登録時に確認しましょう

また、インターネットで登録できるため、面倒な書類のやり取りは発生しません

2:駐車場の情報を登録する

次に、貸し出す駐車場の写真を登録します

駐車場のサイズや置ける車のタイプなど、さらに詳しい情報の登録が必要なシェアリングサービスもあります

また、基本的には駐車場の審査が必要です

シェアリングサービスによって登録できる駐車場の基準が異なるため、まずは申請してみましょ

3:貸し出せる日時を設定する

駐車場の登録が完了したら、貸し出せる日時を設定し、予約が入るのを待ちます

シェアリングサービスは30分や1時間単位で設定できるため、車で短時間だけ外出するときにも気軽に貸し出せて便利です

また、急に予定が入って貸し出せなくなっても、予約が入る前でしたら自由にスケジュールの変更が可能です

4:駐車場を貸し出す

予約が入った日時には、駐車場を空けておきましょう

借りる人とのやり取りは不要です

借りる人とあいさつを交わすのは自由ですが、相手が顔を合わせたくないと思っている場合があるため注意しましょう

5:料金が支払われる

駐車場を実際に貸し出した後、料金が支払われます

お客さんとの間にシェアリングサービスが入るため、実際に借りた人とのやり取りは発生しません

料金が支払われるタイミングはシェアリングサービスによって異なりますが、翌月に指定口座へ振り込まれることがほとんどです

また、借りる側は「特P」の利用時にクレジットカードを登録するため、未払いトラブルが起こる心配はありません

まとめ

ここでは、近年人気が急増している「駐車場シェアリングサービス」の「特P」を紹介してきました

初期費用などのリスクが無く、何もしなくても、月数万円程度の収益が見込める副業は、滅多にありません

ぜひ登録して見てください

↓「特P」に登録するには、こちら

【スマホで駐車場を貸せる最強の不労所得】特P

コメント

タイトルとURLをコピーしました