C-HRで車中泊はできる!?C-HRの快適な車中泊にする方法を紹介!

近年の「アウトドブーム」により、車中泊が大きな注目を集めています。車中泊ができれば季節や天候を気にすることなく気軽にアウトドアに出かけることができますよね

しかし、「C-HRで車中泊はできるの?」このように思っている方もいるのではないでしょうか

そこでこの記事では、C-HRでの車中泊について紹介していきます

この記事で分かること
  • C-HRでの車中泊の方法
  • C-HRの快適なシートアレンジ
  • 車中泊のメリット
  • 車中泊に必要なアイテム
  • 車中泊をする際の注意点

C-HRでの車中泊のメリット

車中泊は文字通り「車の中で宿泊する」ことです

最近になって手軽に楽しめるアウトドアレジャー施設や地域の特産品などが販売されている道の駅など、車で行ける施設が人気を集めており、それに付随して車中泊をする人が増えてきました

しかし、車中泊をしたことのない人にとっては、「車の中では、リラックスして寝ることができなそう」などマイナスのイメージを持っている方もいるのではないでしょうか

そこでここでは、そのような方に車中泊のメリットを解説していきます

1.経済的であること

車中泊の最大のメリットはやはり、宿泊施設に泊まるよりも圧倒的に経済的であることです

旅行といえば、ホテルや宿などの宿泊施設に泊まる方がほとんどですが、車中泊は車の中で寝泊まりするため、宿泊費用を抑えることができます

1泊目は車中泊で費用を抑え、2泊目は少し豪華なホテルに泊まるなども可能です

最近では24時間利用可能なトイレがある駐車場や規模の大きな駐車場を完備した道の駅などがあるので車中泊をしやすい環境が整っています

2.時間や場所に縛られない

女性, フィールド, 幸福, 喜び, 新鮮な空気, 自由

早朝登山や絶景スポット巡りなど、時間や場所に縛られない自由な旅が楽しめるのも車中泊のメリットです

宿泊施設に泊まる場合とは異なり、決まったホテルの場所へ行き、決まった時間内にチェックインやチェックアウトをする必要はありません

そのため、急な予定変更にも柔軟に対応でき、旅の自由度が上がります

またペットと一緒に旅をすることも可能です。宿泊施設に泊まる場合はペット同伴が難しい場合もありますが、車中泊なら気兼ねなくペットとの時間を満喫できます

3.手軽にキャンプを楽しめる

https://toyota.jp/

車中泊はキャンプのときにも活躍してくれます

キャンプと言えばテントでの宿泊を思い浮かべるかもしれませんが、車中泊をすればテントの設営をしなくても済みます。意外と時間がかかることもあるテント設営の手間を省き、その時間を有効的に活用して食事の準備やゆったりと過ごす時間を増やしてみるのもおすすめです

カセットコンロなどがあれば温かいコーヒーやインスタントのラーメンなど、簡単な料理を作ることができ、アウトドアでキャンプ気分を満喫できること間違いなしです

車中泊におすすめの車の特徴

車中泊におすすめの車にはどんな特徴があるのでしょうか?

その特徴とは、「広さ」、「高さ」、「フラットなスペース」です

1.「広さ」

車中泊で重要なのは、室内の広さです。シートを倒すだけでも寝ることは可能ですが、やはり長時間の睡眠となると、寝返りなど睡眠中に多少動く必要があります

そのため、ある程度の広さは必要です

目安としては、最低でも自分の身長と同じくらいの「長さ」と、75センチくらいの「幅」があれば快適に寝ることが出るでしょう

2.「高さ」

車内スペースの高さは、身体を起こしたときに頭をぶつけない程度を目安にすると良いでしょう。眠っているときは気になりませんが、車内の移動や食事の際に高さが不十分だと狭く感じます

また、着替えなどを車内で行う際も、高さがあるのと楽に着替えることができます

3.「フラットなスペース」

シートがフルフラットになるかは、かなり重要です

1泊程度ならシートをリクライニングして何とか乗り切れますが、決してよい寝心地とはいえません

無理な姿勢で寝るとエコノミー症候群のような身体の不調にも繋がるので、極力フルフラットにできる車がおすすめです

C-HRで車中泊はできる?

https://toyota.jp/

C-HRは、トヨタから販売されているSUVです。クロスオーバーSUVらしい、洗練されたエクステリアが特徴で、街乗りに最適なデザインとなっています。一目でCH-Rと分かる見た目になっているため、個性を発揮したい人におすすめです

エンジンは、ハイブリッドシステムとダウンサイジングターボエンジンの2つのパワートレインから選択できます。特にハイブリッドシステムは、クラストップレベルの低燃費を実現しており、燃費性能を重視する人にもおすすめです

そんなC-HRですが、ボディサイズは下記のようになっています

全長(mm)4,390
全幅(mm)1,795
全高(mm)1,595

結論として、アルファードやランドクルーザーのような大きなサイズではないため、多少の快適さは劣ってしまいますが、C-HRでも車中泊は全然できるでしょう

C-HRの室内サイズ

https://toyota.jp/

では、C-HRのの室内サイズについて見ていきましょう

室内の長さ(mm)1,800
室内の幅(mm)1,455
室内の高さ(mm)1,210

室内サイズはグレードや、エンジンタイプによって違いはありません。C-HRの室内は、良い意味でタイト感があり、スポーティなイメージに仕上げられています。

C-HRのシートアレンジ

https://toyota.jp/

では、C-HRののシートアレンジについて見ていきましょう

https://toyota.jp/

C-HRの後部座席は、上の写真のように6:4の割合で分割して倒すことができます。そのため、上の写真のような大きな荷物を積んでも3人で乗車することや、一人での車中泊も可能です

https://car-me.jp/reviews/articles/12874

もちろん、このように後部座席の両側を倒すこともできます。すると、このようにフルフラットのスペースを確保することができます。さらに、前席を完全に前にスライドし、背もたれの部分を前に倒すことでより大きなスペースになります

それでは、この状態の時の広さについて見ていきましょう

長さ(mm)1,825
幅(mm)960
高さ(mm)850

フルフラットにした場合の長さは、1825mmあります。そのため、身長180cmくらいの方なら足を伸ばして快適に朝まで眠れるでしょう

また、幅も960mmあります。シングルベットの幅が900mmであるため、大人の方2人並んででも快適に過ごせます。

ただ、写真のようにセカンドシートを倒しても段差があるため、マットなどを敷く必要があります

C-HRでの車中泊の口コミ

ここまで、C-HRの室内サイズや、シートアレンジについて紹介してきましたが、

「本当にC-HRで車中泊ができるの?」「実際にC-HRで車中泊をしている方の意見を聞きたい」このように考えている方もいるのではないでしょうか

そこで、ここでは実際にC-HRで車中泊をしている方の口コミやレビューをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください

C-HRの車中泊に関するツイート

車中泊のアイテム

車中泊に向いている車のノーマル装備でも問題なく泊まることはできますが、より快適で充実した車中泊ライフを送りたいと思う方もいるのではないでしょうか


そんな方のためにこれがあったら、より車中泊を満喫できるというおすすめのグッズをご紹介します

①車中泊専用マット

シートアレンジにおけるフラットモードと言うのは、言葉で言うほど平坦ではありません。シートの形状によって出来る凸凹や段差が睡眠を阻害します。

その凸凹や段差の影響を小さくするのが、マットレスの役割。厚みとしては10cm以上確保できると、凸凹や段差の影響を小さくできますし、また断熱性も高くなります。

②カーテン

着替えをする際や、就寝時に外から車内を見えなくするために、カーテンはあった方が良いでしょう。防犯上の理由として就寝中の車内が見えてしまうのは、あまりよろしくありません。

また朝日が登ると眩しさにより、目が覚めてしまうというのも問題になりますので、車外から入ってくる光を調整するのもシェードやカーテンの役割です。

③寝袋

狭い車内で使うなら、布団よりもコンパクトに収納できる寝袋が便利です。特に冬は、登山用のハイスペックなマミー型寝袋があると保温性が高く、快適に眠れます

また、車内スペースに余裕があるのなら、布団という手もあります。より自宅に近い感覚で眠れます。また羽毛布団は、ダウン素材の寝袋よりも安いものも多いです。ただ、布団の場合は収納の際、かなりかさばってしまいます

④ランタン

車のルームランプも照明になりますが、照らす範囲が十分でなく、バッテリー上がりの心配もあります。なので夜間の車内を照らす照明として、電池式のLEDランタンを準備しておきましょう

⑤ルーフボックス

キャンプなどのアウトドアの際、たくさんの荷物がある場合があります。そんな時、2列目以降をフルフラットにしてしまうと、荷物を置く場所がなくなってしまいます

その荷物を収納するために「ルーフボックス」が役立ちます

また、車の屋根に「ルーフレール」がなくても装着可能な安価なルーフボックスもあります

C-HRで車中泊をする際の注意点

ここまで、C-HRでの車中泊について紹介してきましたが、車中泊には様々な危険や注意点が潜んでいるということをご存知でしょうか?

そこでここでは、車中泊に潜む危険と注意点を3つに分けて解説していきます。車中泊をしてみたいという方は、参考にしてみてください

①エンジンを切る

Car, Benz, Mercedes, Steering, Technology, Meter

真夏や真冬に車中泊をする際、暖房やエアコンをつけるため、エンジンをかけたまま寝ようと考えている方もいるのではないでしょうか?

ですが、エンジンをかけっぱなしでの車中泊は非常に危険です

排気ガスが車内に入り込み、一酸化炭素中毒になる恐れがあるからです。特に冬場は、マフラーが雪で塞がれてしまい排気ガスが逆流してくる可能性も

また、長時間のアイドリングは周辺環境への迷惑となる場合も。環境や燃費のことも考えてエンジンのかけっぱなしは避けた方が良いでしょう

②防犯対策

Car, Burglary, Thief, Burglar, Break Into, Screwdriver

車中泊の際には施錠を必ず行なってください。

車内に人がいて寝ているから鍵を閉めなくても大丈夫と思いがちですが、気がつかないようにドアを開けて貴重品を盗む人もいますし、自身が直接被害にある可能性も考えられます

また、外から覗かれるのを防ぐためにカーテンやサンシェードで車内を見えなくすることも大切です。これは、防犯対策だけでなく、着替えをする際にも便利です

駐車場にも注意

ドイツ語, 車, メルセデス, ビンテージ, オールドスクール, 駐車場

安心して車中泊をするためには、場所選びも大切な要素の1つです

コンビニの駐車場や路上駐車はもちろんNG。防犯の面から考えても、人気のないところや明かりが全くないところは避けた方が良いでしょう

高速道路のSA・PAや道の駅が一般的ですが、場所によっては禁止している所もあるので事前に必ず確認をしましょう。あくまで休息や仮眠を取るためであって、長期間の滞在はマナー違反になるので気をつけてください

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました