トヨタ ライズの維持費っていくら?[ガソリン代、自動車税、自動車重量税、車検代、任意保険料]

TOYOTA

トヨタのライズって、どのくらいの維持費がかかるのでしょうか?

ライズの購入を考えている多くの人が、気になるところだと思います。

そこで、ライズの維持費を、ガソリン代、自動車税、自動車重量税、車検代、任意保険料に分けて、それぞれ計算してみました。

そもそもライズってどんな車??

ライズは、2019年11月にデビューした比較的新しいトヨタのSUVモデルです。トヨタのSUVラインナップの中では、最もコンパクトで、安価に設定されています。

ダイハツ「ロッキー」の兄弟車で、最新のDNGAプラットフォームを採用し、高い快適性と安全性、走行性能を実現しています。構造やエンジン、装備などは共有しており、一見、同じ車のように見えます。

ライズは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに、街中での普段使いから休日のレジャーまで幅広く使える車として開発されました。全長4m以下という5ナンバーサイズのコンパクトボディで、小回りがきくため街中でも非常に乗りやすい車です。ちなみに、5ナンバーとは、小型乗用車のことであり、「5ナンバー=コンパクトカー」と考えていいでしょう。価格は200万円前後と安く、若年層やファミリーユーザーを中心に人気のあるモデルです。

ライズの基本情報

・乗車定員…5人乗り

・燃費…17.4〜28.0km/L

・価格…170.7万円〜232.8万円

・ドア数…5枚

・エコカー減税対象

・駆動方式…2WD/4WD

・トランスミッション…CVT

・パワーユニット…1Lターボ/1.2L/1.2L+モーター

・納期…3〜7ヶ月

・値引きガイド…5~10万円

ガソリン代 年間約97,000円

カタログ燃費と実燃費には、差があることがあるため、ガソリン代を計算するには、実燃費が必要になります。ライズに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」を参考にします。

  • 2WD→16.27km/l
  • 4WD→15.59km/l
  • ハイブリッド→24.46km/l
  • レギュラーガソリン代→158円 (2022年6月11日時点)

計算方法:年間走行距離÷燃費×ガソリン代

年間1万キロ走行すると仮定すると、

・2WDの場合、10,000÷16,27×158=97,111

・4WDの場合、10,000÷15.59×158=101,347

・ハイブリッドの場合、10,000÷24.46×158=65,127

  • 2WD 約97,000円
  • 4WD 約101,000円
  • ハイブリッド 約65,127円 (年間)

ここでは、2WDのガソリン車の約97,000円で計算します。

自動車税 年間25,000円

自動車税種別割(自動車税)は、毎年4月1日時点で車を所有している場合に課せられる税金です。排気量0.5リットルごとに税額が設定されており、排気量が大きければ大きいほど高くなります。

総排気量税額(円)
1.0L以下25,000
1.0L超〜1.5L以下30,500
1.5L超〜2.0L以下36,000
2.0L超〜2.5L以下43,500
2.5L超〜3.0L以下50,000
3.0L超〜3.5L以下57,000
3.5L超〜4.0L以下65,500
4.0L超〜4.5L以下75,500
4.5L超〜6.0L以下87,000
6.0L超110,000

自動車税は用途や総排気量によって税額が決定し、毎年4月1日時点で自動車の所有者に対してかかる税金です。

トヨタ ライズの総排気量は、全てのグレードで、0.996Lなので、自動車税は25,000円となります。

自動車重量税 年間約12,000円

自動車重量税は車の重量や経過年数などに応じて課せられる税金です。自家用乗用車の場合、車両の重さ0.5tごとに税額が変わります。自動車の新規購入時あるいは車検時に車検証の有効期間分をまとめて支払う必要があります。

自家用乗用車の税額表(新車新規登録時:3年分)

車両重量エコカーエコカー(50%減)エコカー(25%減)エコカー外(軽減なし)
0.5t以下免税3,700円5,600円12,300円
0.5t超〜1.0t以下免税7,500円11,200円24,600円
1.0t超〜1.5t以下免税11,200円16,800円36,900円
1.5t超〜2.0以下免税15,000円22,500円49,200円
2.0t超〜2.5t以下免税18,700円28,100円61,500円
2.5t超〜3.0t以下免税22,500円33,700円73,800円

ライズは、ガソリン車(2WD /4WD)の重量が、970~980㎏で、24,600円

ハイブリッド車の場合、1060〜1070kgで、36,900円になります。(新車購入後3年分)

ここでは、ガソリン車の24,600円を2年間分で計算します

車検代 年間25,000円

自家用乗用車の車検の有効期限は、新車登録から初回が3年で、以降は2年間になります。

ライズの車検で必要になる費用はおよそ、48,000円〜81,000円である。

その内訳を見てみよう。

車検費用は大きく分けて、「法定費用」と、「車検基本料」に分かれます。

法定費用:国によって定められた、最低限かかる費用

車検基本料:各店舗に任されたその他の費用

このうち、法定費用に関しては、国によって定められているため、どの店舗に依頼しても料金の変動はなく、38,010円になります。その他の料金が車検基本料になります。

ここでは、2年間で、5万円とし、年間2.5万円で計算します。

任意保険料 年間65,000円

ライズの任意保険料は、一般的な走行距離の場合で年間65,000円です。

高いと感じるかもしれませんが、万一の事故を考えると自賠責保険だけでは到底足りません。

任意保険は必ず加入するようにしましょう。

もちろん、保険の種類や条件、等級、年齢によっても保険料は変動します。

ライズの維持費

ガソリン代97,000円
自動車税25,000円
自動車重量税12,000円
車検代25,000円
任意保険料65,000円
合計(1年当たり)224,000円
1ヶ月当たり約18,600円

コメント

タイトルとURLをコピーしました