ヤリスクロスのグレードを紹介!各グレードごとの価格や特徴、違いなど

TOYOTA

車を選ぶ際、車種が決まったとしても、グレードごとに価格や装備内容が大きく異なる場合があります。

そのため、各グレードごとの特徴や違いを確認し、予算や、自分に必要な装備を搭載したグレードを選ぶことが、充実したカーライフにつながります。

そこでこの記事では、トヨタのヤリスクロスのグレードについて解説していきます。この記事を読むことで、ヤリスクロスのグレードについて理解でき、自分に合ったグレードを選択できるようになります。

ヤリス クロスってどんな車?

引用:トヨタ

トヨタのヤリスクロスは、コンパクトカーのヤリスをベースにしつつ、都会的で、スタイリッシュなデザインを取り入れたクロスオーバーSUVとして、2020年8月に登場しました。全幅が1765mmで3ナンバー車となり、SUVらしい存在感がありますが、最小回転半径が5.3mと設定され、混雑した街中でも扱いやすいなど、取り回しの良さを持っています。さらに、コンパクトなボディにも関わらず、フルサイズのゴルフバックを2つ積むことができる大きなラゲッジルームも魅力です。

コンパクトなサイズやスタイリッシュなデザインのみでなく、軽快な走りもヤリスクロスの魅力のひとつです。エンジンのパワーとしては大型のSUVなどと比較すると特別に高いわけではありませんが、車体のバランスが絶妙で、パワー以上の軽快さを感じさせてくれます。さらに、ヤリスクロスの最大の特徴として、高い燃費性能があります。モデルによっても異なりますが、最大で、30.8km/lの低燃費を実現していて、経済性にも優れています。このような特徴で、幅広い層から人気のある車です。

ヤリス クロスの基本情報

  • 乗車定員…5人乗り
  • 燃費…17.4〜30.8km/L
  • 価格…179,8万円〜281,5万円
  • ドア数…5枚
  • エコカー減税対象
  • 駆動方式…2WD/4WD
  • トランスミッション…CVT
  • パワーユニット…1.5L/1.5L+モーター
  • 納期…6〜10ヶ月
  • 値引きガイド…5~11万円
  • 月平均販売台数…7910台(21年10月〜22年3月)

ヤリス クロスのグレード構成

車種によっては10種類以上のグレードがあることがありますが、ヤリスクロスの場合はシンプルで、「X”Bパッケージ”」、「X」、「G」、「Z」の4種類のグレードになります。価格もこの順に高くなります。

また、エンジンや駆動方式を含めると、全部で14種類の選び方があります。

これらを分かりやすくまとめると、下記のようになります。

2WD

駆動方式エンジングレード価格(万円)
2WDガソリンX”Bパッケージ”179,8
X189,6
G202
Z221
ハイブリッドハイブリッドX228,4
ハイブリッドG239,4
ハイブリッドZ258,4

4WD

駆動方式エンジングレード価格(万円)
4WDガソリンX”Bパッケージ”202,9
X212,7
G225,1
Z244,1
ハイブリッドハイブリッドX251,5
ハイブリッドG262,5
ハイブリッドZ281,5

各グレードごとの特徴

ここからは、ヤリスクロスの各グレードについて、特徴と仕様の違いを紹介していきます。グレード選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「X」

引用:トヨタ

エントリーグレードの「X」は、上位グレード二つと比べてシンプルな装備にすることで、上位グレードよりお求めやすい価格を実現しています。また、2WDと4WDのガソリン車と、2WDと4WDのハイブリッド車の4つのラインナップがあります。

引用:トヨタ

エクステリア(外装)について、ボディカラーがモノトーン8色のみとなります。また、ホイールは、16インチのスチールホイールになります。

装備については、キーを携帯していれば、ドアノブに触れるだけで、開錠/施錠やエンジン始動ができるスマートエントリーやスマートシステムが装備されています。さらに、スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオも搭載されており、十分な装備となっています。

引用:トヨタ

「X”Bパッケージ”」

引用:トヨタ

「X”Bパッケージ”」は、最も価格の安いグレードで、トヨタの「Toyota Safety Sense」を含む先進安全技術が省かれています。この、「Toyota Safety Sense」は、「X”Bパッケージ”」以外の全てのグレードに搭載されています。

「X」よりも、さらに価格を抑えてヤリスクロスに乗りたいという方や、ビジネスユーザー向けのグレードになります。

「G」

引用:トヨタ

「G」は、最もバランスのとれたグレードです。「X」と同様、2WDと4WDのガソリン車と、2WDと4WDのハイブリッド車の4つのラインナップがあります。

引用:トヨタ

エクステリア(外装)については、「X」では、17インチのスチールホイールでしたが、「G」では、17インチのアルミホイールになります。また、オプションで、18インチのアルミホイールにすることも可能です。また、「G」からは、8色のモノトーンカラーに加え、7種類のツートーンカラーが選択でき、計15種類の中から選ぶことができます。

インテリア(内装)については、シートがファブリックから上級ファブリックへ、さらに、ディスプレイオーディオも7インチから8インチへグレードアップします。さらに、スピーカーの数が2個から6個と増設。また、USBは通信用に加えて充電用も用意されています。

引用:トヨタ

「Z」

引用:トヨタ

最上級グレードの「Z」は、ホイールが18インチの切削光輝+センターオーナメント付きアルミホイールになっています。さらに、ヘッドランプとリアランプがフルLEDになるため、夜間の安全性が向上することに加え、見た目もゴージャスになります。

引用:トヨタ

インテリア(内装)に関しては、シート表皮が合成皮革+ツイード調ファブリックへとグレードアップします。さらに、運転席は6ウェイパワーシートに、また、運転席と助手席にシートヒーターが標準装備となり、車内で快適に過ごせる装備が充実します。

引用:トヨタ

まとめ

ここでは、ヤリスクロスのグレードについて紹介してきました。

ヤリスクロスのグレードは、「X”Bパッケージ”」、「X」、「G」、「Z」の4種類あり、エンジンや駆動方式も含めると、全部で14種類の選び方があります。

自分に合ったグレードを選べるように、ぜひ、参考にしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました