ランドクルーザー プラドで車中泊はできる!?快適にする方法を紹介!

TOYOTA

近年の「アウトドブーム」により、車中泊が大きな注目を集めています。車中泊ができれば季節や天候を気にすることなく気軽にアウトドアに出かけることができますよね

しかし、「ランドクルーザープラドで車中泊はできるの?」このように思っている方もいるのではないでしょうか

そこでこの記事では、ランドクルーザープラドでの車中泊について紹介していきます

この記事で分かること
  • プラドでの車中泊の方法
  • プラドの快適なシートアレンジ
  • 車中泊のメリット
  • 車中泊に必要なアイテム
  • 車中泊をする際の注意点

車中泊のメリット

車中泊は文字通り「車の中で宿泊する」ことです

最近になって手軽に楽しめるアウトドアレジャー施設や地域の特産品などが販売されている道の駅など、車で行ける施設が人気を集めており、それに付随して車中泊をする人が増えてきました

しかし、車中泊をしたことのない人にとっては、「車の中では、リラックスして寝ることができなそう」などマイナスのイメージを持っている方もいるのではないでしょうか

そこでここでは、そのような方に車中泊のメリットを解説していきます

1.経済的であること

車中泊の最大のメリットはやはり、宿泊施設に泊まるよりも圧倒的に経済的であることです

旅行といえば、ホテルや宿などの宿泊施設に泊まる方がほとんどですが、車中泊は車の中で寝泊まりするため、宿泊費用を抑えることができます

1泊目は車中泊で費用を抑え、2泊目は少し豪華なホテルに泊まるなども可能です

最近では24時間利用可能なトイレがある駐車場や規模の大きな駐車場を完備した道の駅などがあるので車中泊をしやすい環境が整っています

2.時間や場所に縛られない

女性, フィールド, 幸福, 喜び, 新鮮な空気, 自由

早朝登山や絶景スポット巡りなど、時間や場所に縛られない自由な旅が楽しめるのも車中泊のメリットです

宿泊施設に泊まる場合とは異なり、決まったホテルの場所へ行き、決まった時間内にチェックインやチェックアウトをする必要はありません

そのため、急な予定変更にも柔軟に対応でき、旅の自由度が上がります

またペットと一緒に旅をすることも可能です。宿泊施設に泊まる場合はペット同伴が難しい場合もありますが、車中泊なら気兼ねなくペットとの時間を満喫できます

3.手軽にキャンプを楽しめる

車中泊はキャンプのときにも活躍してくれます

キャンプと言えばテントでの宿泊を思い浮かべるかもしれませんが、車中泊をすればテントの設営をしなくても済みます。意外と時間がかかることもあるテント設営の手間を省き、その時間を有効的に活用して食事の準備やゆったりと過ごす時間を増やしてみるのもおすすめです

カセットコンロなどがあれば温かいコーヒーやインスタントのラーメンなど、簡単な料理を作ることができ、アウトドアでキャンプ気分を満喫できること間違いなしです

車中泊におすすめの車の特徴

車中泊におすすめの車にはどんな特徴があるのでしょうか?

その特徴とは、「広さ」、「高さ」、「フラットなスペース」です

1.「広さ」

車中泊で重要なのは、室内の広さです。シートを倒すだけでも寝ることは可能ですが、やはり長時間の睡眠となると、寝返りなど睡眠中に多少動く必要があります

そのため、ある程度の広さは必要です

目安としては、最低でも自分の身長と同じくらいの「長さ」と、75センチくらいの「幅」があれば快適に寝ることが出るでしょう

2.「高さ」

車内スペースの高さは、身体を起こしたときに頭をぶつけない程度を目安にすると良いでしょう。眠っているときは気になりませんが、車内の移動や食事の際に高さが不十分だと狭く感じます

また、着替えなどを車内で行う際も、高さがあるのと楽に着替えることができます

3.「フラットなスペース」

シートがフルフラットになるかは、かなり重要です

1泊程度ならシートをリクライニングして何とか乗り切れますが、決してよい寝心地とはいえません

無理な姿勢で寝るとエコノミー症候群のような身体の不調にも繋がるので、極力フルフラットにできる車がおすすめです

ランドクルーザープラドで車中泊はできる?

「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」の異名を持つランドクルーザー。世界中で大人気で、今でも昔のランドクルーザーが高値で取引されるほどです

そんなランドクルーザーの派生車種として登場したのが「ランドクルーザープラド」です

ランドクルーザープラドにも本格的なフレーム構造を持つ頑丈な車体や悪路走破性は受け継がれていますが、車内には高級感があります

ランドクルーザープラドのボディサイズは、全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mmと、なかなかの大柄サイズです

結論として、ランドクルーザープラドは車中泊にとても向いています。その理由はやはり、広々とした室内空間です

ランドクルーザー プラドの室内サイズ

ランドクルーザープラドには、3列シート仕様の7人乗りと、2列シート仕様の5人乗りがあり、それぞれの室内サイズは下記のようになっています

 5人乗り7人乗り
室内の長さ(mm)18262520
室内の幅(mm)1565
室内の高さ(mm)1240

5人乗りと7人乗りでは、室内の幅や高さは同じですが、長さは約70センチほど7人乗りの方が長くなります

上の写真は、3列シート仕様の7人乗りです

ランドクルーザー プラドの快適なシートアレンジ

ランドクルーザープラドでの車中泊の快適なシートアレンジを紹介します

車中泊では車の車内で一晩を過ごすということで快適な寝台が求められますが、その寝台は自宅の寝台と同じ用にフルフラットで凹凸や段差のない空間が最良です

車の車内というのは車体構造であったり内装のデザインや使い勝手などで複雑な形状となっているのですが、そこに近年の車はシートアレンジという形でさまざまな使いかたができるようになっています

その中の1つでラゲッジスペースの拡大を目的としたフラットモードなどがあり、ラゲッジスペースに収まりきらない長い荷物を積み込むために後部座席を収納するなどする機能です

5人乗りのシートアレンジ

5人乗りのフルフラットスペースのサイズは以下の通りです

5人乗り
  • 長さ:1680mm
  • 幅:1390mm
  • 高さ:1040mm

5人乗りの場合は、2列目のシートを前に折り畳むことでスペースを確保します

写真のように5人乗りの場合は、2列目のシートが跳ね上げ式のため、1列目のシートを前に出してもスペースの長さは変わりません

スペースの長さは1680mmなので、身長が165cmくらいの方なら、二人でも足を伸ばして快適に過ごすことができるでしょう。もしくわ、身長が180cmくらいの方でも、斜めに寝ることで足を伸ばして快適に過ごすことができるでしょう

いずれにしても、スペースは傾斜になっていて、段差もあるため、快適に過ごすにはマットを敷く必要があります

7人乗りのシートアレンジ

7人乗りのフルフラットスペースのサイズは以下の通りです

5人乗り
  • 長さ:1680〜2070mm
  • 幅:1390mm
  • 高さ:900mm

7人乗りの場合は、2列目と3列目のシートを前に倒すことで、スペースを確保します

5人乗りの場合と異なり、2列目のシートを前にスライドすることで、最大2070mmまで長くすることができます

そのため、身長が2メートル以下の方なら二人でも、足を伸ばして快適に過ごすことができます

ですので、車中泊をするなら、5人乗りの2列シートよりも、7人乗りの3列シートの方が適しています

しかし、高さに関しては3列目のシートの収納の関係で、140mm低くなってしまいます

また、5人乗りの場合と同様、スペースは傾斜になっていて、段差もあるため、快適に過ごすにはマットを敷く必要があります

ランドクルーザープラドの車中泊の口コミ・レビュー

ここまで、ランドクルーザープラドの室内サイズや、シートアレンジについて紹介してきましたが、

「本当にプラドで車中泊ができるの?」「実際にプラドで車中泊をしている方の意見を聞きたい」このように考えている方もいるのではないでしょうか

そこで、ここでは実際にプラドで車中泊をしている方の口コミやレビューをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください

今も昔も最高の車

見た目、走行性、積載性…どれを見ても不満のない車です
アウトドアメインで使用していますが、5人乗りのため、積載にはまったく困りません。後部座席を倒したものなら、なんでも乗ります。引っ越しの時も世話になりました

車中泊にも使用しています。後部座席を倒したら、段差は少しありますが、マットを敷いたら気にならない程度です。広々しており、かなり快適に過ごせます。
また、遮音性が非常に優秀で、車中泊の時も外の音は気になりませんでした。

特にすごいなと思ったのは、塗装の強さですね。10年経つのに塗装のくたびれ感をあまり感じさせません。ここはさすがトヨタと言うべきですね。

川原にもガンガン突っ込んで行けるアウトドアの相棒です。

その他ツイート

車中泊のアイテム

車中泊に向いている車のノーマル装備でも問題なく泊まることはできますが、より快適で充実した車中泊ライフを送りたいと思う方もいるのではないでしょうか


そんな方のためにこれがあったら、より車中泊を満喫できるというおすすめのグッズをご紹介します

車中泊専用マット

ランドクルーザープラドのフルフラットの状態は、段差や傾斜があります。そのため、こちらのようなマットを敷くことで、快適に眠れるようになります

また、こちらのマットは暑さが8cmあり、かなり快適になります

ベットキット

こちらはかなり高額となってしまいますが、マットを敷くだけよりもかなり快適に過ごせます

フルフラットの状態では、段差や傾斜ができてしまいますが、こちらのベットキットを使えば、それらを機にすることなく横になれます

さらにこのベットキットは、下にスペースが生まれるため、荷物を収納することもできます

2人で一泊2万円の宿泊費を支払うとしたら、5回でもとが取れます

ルーフボックス

キャンプなどのアウトドアの際、たくさんの荷物がある場合があります

そんな時、2列目以降をフルフラットにしてしまうと、荷物を置く場所がなくなってしまいます

その荷物を収納するためにこの「ルーフボックス」が役立ちます

また、こちらのルーフボックスは、車の屋根に「ルーフレール」がなくても装着可能のためおすすめです

車中泊をする際の注意点

ここまで、ランドクルーザープラドでの車中泊について紹介してきましたが、車中泊には様々な危険や注意点が潜んでいるということをご存知でしょうか?

そこでここでは、車中泊に潜む危険と注意点を3つに分けて解説していきます。車中泊をしてみたいという方は、参考にしてみてください

①エンジンを切る

Car, Benz, Mercedes, Steering, Technology, Meter

真夏や真冬に車中泊をする際、暖房やエアコンをつけるため、エンジンをかけたまま寝ようと考えている方もいるのではないでしょうか?

ですが、エンジンをかけっぱなしでの車中泊は非常に危険です

排気ガスが車内に入り込み、一酸化炭素中毒になる恐れがあるからです。特に冬場は、マフラーが雪で塞がれてしまい排気ガスが逆流してくる可能性も

また、長時間のアイドリングは周辺環境への迷惑となる場合も。環境や燃費のことも考えてエンジンのかけっぱなしは避けた方が良いでしょう

②防犯対策

Car, Burglary, Thief, Burglar, Break Into, Screwdriver

車中泊の際には施錠を必ず行なってください。

車内に人がいて寝ているから鍵を閉めなくても大丈夫と思いがちですが、気がつかないようにドアを開けて貴重品を盗む人もいますし、自身が直接被害にある可能性も考えられます

また、外から覗かれるのを防ぐためにカーテンやサンシェードで車内を見えなくすることも大切です。これは、防犯対策だけでなく、着替えをする際にも便利です

駐車場にも注意

ドイツ語, 車, メルセデス, ビンテージ, オールドスクール, 駐車場

安心して車中泊をするためには、場所選びも大切な要素の1つです

コンビニの駐車場や路上駐車はもちろんNG。防犯の面から考えても、人気のないところや明かりが全くないところは避けた方が良いでしょう

高速道路のSA・PAや道の駅が一般的ですが、場所によっては禁止している所もあるので事前に必ず確認をしましょう。あくまで休息や仮眠を取るためであって、長期間の滞在はマナー違反になるので気をつけてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました