ランドクルーザープラドの燃費は?ガソリン代や、燃費を良くする方法

TOYOTA

車選びの際に、内外装のデザインや価格、安全性能などチェックしておきたいポイントはたくさんありますが、その中でも燃費性能はとても重要なポイントです

なぜなら、燃費性能はガソリン代に大きく関わるからです

そこでこの記事では、トヨタ ランドクルーザープラドの燃費性能や、ガソリン代の目安、燃費を向上させる方法、口コミなどを紹介していきますので、プラドの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください

この記事で分かること
  • プラドの燃費
  • プラドのライバル車の燃費
  • プラドのガソリン代
  • プラドの燃費を向上させる方法
  • プラドの燃費に関する口コミ

ランドクルーザー プラドのカタログ燃費

ランドクルーザー プラドは、2.8Lディーゼルエンジンと、2.7Lガソリンエンジンの2つのパワーユニットがあります

2.8Lディーゼル車には、「TX」「TX”Lパッケージ」「TZ-G」の3つのグレードがあります

2.7Lガソリン車には、「TX」「TX”Lパッケージ」に2つのグレードがあります

全てのグレードにおいて、駆動方式は4WDのみとなります

各グレードごとのWLTCモード燃費を見ていきましょう

WLTCモード燃費は、信号や渋滞などの影響を受ける市街地モード、信号や渋滞などの影響を受けにくい郊外モード、高速道路での走行を想定した高速道路モードの3つのモードでの計測値を平均的な使用時間配分で構成したもので、日本だけでなく国際的に使用されている燃費の計測方法です

ディーゼル車

グレード駆動方式カタログ燃費(WLTCモード)
TX4WD11.2km/L
TX”Lパッケージ4WD11.2km/L
TZ-G4WD11.2km/L

ガソリン車

グレード駆動方式カタログ燃費(WLTCモード)
TX4WD8.3km/L
TX”Lパッケージ4WD8.3km/L

ランドクルーザー プラドの実燃費

ここでは、ランドクルーザー プラドの実燃費についてみていきます

プラドに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、プラドの実燃費(2022年10月24日時点)は、以下のとおりです

ディーゼル車

グレード駆動方式実燃費
TX4WD10.61km/L
TX”Lパッケージ4WD10.61km/L
TZ-G4WD10.59km/L

ガソリン車

グレード駆動方式実燃費
TX4WD7.74km/L
TX”Lパッケージ4WD7.74km/L

ランドクルーザー プラドのライバル車との比較

ここでは、ランドクルーザー プラドのライバル車との比較を見ていきます。ランドクルーザープラドやそのライバル車の購入を検討されている方は、参考にしてみてください

トヨタ 「ランドクルーザー」

現行モデルのランクルは、2021年8月にデビューしました

トヨタの長年にわたって蓄積にてきた技術の積み重ねと、最新技術の融合により、信頼性や耐久性、悪路走破性といった持ち味がさらに進化しました

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
510〜8007.9〜9.710.22

トヨタ 「ハリアー」

日本のSUVブームの火付け役となった、ハリアーは2020年6月にフルモデルチェンジしました

クロスオーバーSUVとしては、乗り心地も車内の静寂性もハイレベルで、非常に人気のある車です

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
299〜50414.7〜22.318.41

マツダ「CX8」

C X-8は、2017年にデビューしました

3列シートを備えていて、6名または7名での乗車が可能であるため、ミニバンに代わる選択肢として注目を集めています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
299.42〜483.4511.6〜15.812.96

その他のSUVとの比較

車種WLTCモード燃費(km/L)
トヨタ ランドクルーザープラド8.3~11.2km/L
トヨタ RAV415.2~20.8km/L
トヨタ ライズ18.6km/L
トヨタ カローラクロス14.4〜26.2
トヨタ ヤリスクロス17.4〜30.8
トヨタ C-HR14.3〜25.8
トヨタ ハイラックス11.7
日産 エクストレイル12.2〜15.0
マツダ CX-513.0〜19.5

ランドクルーザー プラドのガソリン代

ここでは、ランドクルーザー プラドの実燃費をもとにガソリン代を見ていきましょう

ここでは、年間走行距離を10,000キロ、レギュラーガソリン代を160円/L、軽油を135円/Lと仮定します

10,000kmの目安

毎日の通勤や通学に加えて、週末によくドライブに出掛けている方

(1週間当たり:約200km)

ガソリン代の計算方法は、下記の通りです

走行距離(km)÷実燃費(km/l)×燃料費(円/l)

使用燃料走行距離(km)実燃費(km/L)燃料費(円/L)
軽油10,00010.61135
ガソリン10,0007.74160

ディーゼル車

10,000(km)÷10.61(km/L)×135(円/L)=127,238(円)

ランドクルーザー プラドのディーゼル車の場合、年間で約127,000千円月間で約10,500円のガソリン代がかかります

ガソリン車

10,000(km)÷7.74(km/L)×160(円/L)=206,718(円)

ランドクルーザー プラドのガソリン車の場合、年間で約207,000円月間で約17,250円のガソリン代がかかります

ガソリン代のまとめ
  • ディーゼル車→年間127,000円(月間10,500円)
  • ガソリン車→年間207,000円(月間17,250円)

ランドクルーザー プラドの燃費を向上させる方法

ここまでランドクルーザー プラドの燃費やガソリン代を見てきましたが、少しでも燃費を良くして、ガソリン代を節約したいと思われるのではないでしょうか

そこで、ここではプラドの燃費を向上させる方法を紹介していきます。ちょっとした工夫で実践できるのもばかりですので、参考にしてください

1.発進時はゆっくりと

最もガソリンを消費するのは、発進時と言われます。アクセルを強く踏み込めば、それだけエンジンに負荷がかかり、ガソリンを消費してしまいます

発進時は、アクセルを優しく踏み込み、ゆっくりと加速するようにしましょう

2.一定のスピードで走行

走行時は、急加速や急減速をせずに、なるべく一定のスピードで走るようにしましょう

車間距離に余裕を持つことで加速・減速の回数が減り、結果的に燃費も向上します

また、前に車がいない時は、時速60〜80km/lくらいの一定のスピードで走るのが良いと言われています

3.不要なアイドリングはやめる

アイドリングとは、エンジンがかかっていて、すぐに発進できる状態で停車していることです

真冬の寒い時や、真夏の暑い時を除き、不要なアイドリングをしないようにしましょう

車の種類や、排気量にもよりますが、10分間アイドリングで、130ccものガソリンを消費することもあります

ランドクルーザー プラドの燃費に関する口コミ

ランドクルーザー プラドの購入を検討しているけど、「実際にプラドに乗っている人の燃費についての意見を知りたい」という方もいるのではないでしょうか

そこで、実際にランドクルーザー プラドに乗っているオーナーの口コミを集めてみました

1.車重やパワーを考えると、仕方ない

【燃費】
車重もパワーもあるので仕方ないかもですが、思ったより燃費は良くありませんでした。
街乗り9から10km/L、高速11から13km/Lです。国内や欧州SUVと比べて燃費悪いという程でもないので、我慢します

車のコンセプトを知ったうえで、試乗して買ったので、ほぼ分かっていましたが、予想以上に気に入りました。過去所有のドイツ系SUV3台と比べても、剛性が良く、安定した走りは、素晴らしいデキだと感じています。さすが売れているだけの事はありますね

2.思ったより悪い

【燃費】
ディーゼルだが思ったより悪い・・・。
カタログを見た数字よりも実際に乗ってみた感想は燃費よくない。前車がCX-5XDだったのでそれと比べてしまうところがある。実燃費は一般道で7Km~15Kmくらい

【総評】
2021年6月以降のモデルを購入。周りの友人などにも勧められ憧れのプラドを手に入れました。
地方の郊外都市で主に通勤に使用しています。コロナが明ければ観光やドライブに使う予定。

3.素晴らしすぎる

【燃費】
軽油で100km走って11km/L と表示されています。下道メインです。素晴らしすぎます。
2.5トン、軽油で11km/Lと考えると120点ですが、最近の車が30km/hとかを超えるから星4つ

【総評】
リアルSUVに乗りたい人が乗るための車。これ以上に素晴らしいSUVはないのでは?と思ってしまう。すごく愛着が湧いていくと思う

ランドクルーザー プラドの乗り心地や走行性能

ランドクルーザー プラドの優れた特長の一つが、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」と評価されるランドクルーザーから受け継いだ、本格4WDとしての圧倒的な走行性能です

そんなランドクルーザー プラドの走行性能を見ていきましょう

マルチテレインセレクト

オフロード走行において、タイヤの空転によるスタックや、駆動力不足による失速が起こりやすい路面状況に応じた走行支援を、5つのモードから選択できるシステムです

本格4WDならではの悪路を制する喜びと安全性を高いレベルで実現しています。

クロールコントロール

悪路を走行する際、アクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作でのみ極低速走行が可能に。状況に応じて5段階の速度設定が行えます。

アクティブトラクションコントロール

雪道やオフロードなどでスリップを検知すると、空転した車輪にブレーキをかけ、残りの車輪に駆動力を配分。悪路でも安定した走行を可能にします。

マルチテレインモニター

車両周囲の状況を4つのカメラで確認。ドライバーの死角になりやすい車両周辺の路面状況が分かるため、悪路でも走行できます。

KDSS

オンロードとオフロードでスタビライザ―の調節をすることで、走行シーンにとらわれることなく、快適な乗り心地と優れた操縦安定性を両立。

ドライブモードセレクト

シーンに合わせて最大5つの走行モードが選択可能。状況や気分にあった走りのテイストが楽しめ、ドライビングの歓びを高めます。

※参考:トヨタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました