【2022年版】”燃費の良い軽自動車”ランキングTOP20!

燃費

少ない燃料で長い距離を走行できる「燃費の良い車」は、ガソリン台を抑えることができます

そのため、「とにかく燃費の良い車が欲しい!」「燃費が良い車を知りたい!」

このように思っている方も多いと思います

そこで、ここでは、燃費の良い軽自動車をランキング形式で紹介していきます

この記事はこのような方におすすめの内容
  • 「とにかく燃費の良い軽自動車を知りたい」
  • 「自分の乗っている車の燃費は良い方なのか知りたい」
  • 「燃費が良い軽自動車を探している」

「燃費」とは?

「燃費」とは、燃料消費率の略です

簡単にいうと、「1リットルの燃料で、何km走行することができるか」という意味です

例えば、

  • 「1リットルで10km走行できる車」は、燃費が10km/l、
  • 「1リットルで20km走行できる車」は、燃費が20km/l、

ということになります

1リットルで走行できる距離が長ければ長いほど、「燃費が良い車」とか「低燃費の車」と言います

燃費を計算するには、

燃費(km/l)=走行した距離(km)÷入れたガソリンの量(L)

で求めることができます

燃費が良い車の特徴

同じ車であっても、運転する場所や、運転する人によって、異なりますが、一般的に、燃費が良い車は、以下のような特徴があります

  • 車体が小さい
  • 総排気量が少ない
  • ハイブリッド車

それぞれ、詳しく見ていきます

燃費が良い車の特徴①:車体が小さい

車体が小さいということは、それだけ、車の重量が軽いということです

やはり、重量が重いものを動かすよりも、軽いものを動かす方が、消費するエネルギー(燃料)が少なくなります

そのため、車体が小さい車は、車体が大きい車と比べると、燃費が良い傾向にあります

燃費が良い車の特徴②:総排気量が少ない

排気量の大きい車は、その仕組み上ガソリンを多く消費します

 3,000ccを超えると、燃費は軒並み10km/ℓ以下です

また、排気量の大きさを実現するためにはエンジンは大きくなり、その分、燃料をたくさん消費してしまいます

このように、総排気量が少ない車は、多い車と比べると、燃費が良い傾向にあります

燃費が良い車の特徴③:ハイブリッド車

燃費がいい車に採用されているパワーユニットとして、もっとも知名度が高いのは「ハイブリッド」でしょう

ハイブリッドは、「組み合わせ」という意味があります

その意味通り、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせています

電気モーターの一部もしくはすべての動力を車の駆動に使用することで燃料消費を抑えます

そのため、同じ車種であっても、ガソリン車とハイブリッド車では、燃費が大きく異なる場合があります

燃費の種類

燃費にはカタログ燃費と実燃費というものがあります

一般的にカタログ燃費と実燃費には、大きな差があるため、この記事のランキングでは、実燃費をもとに紹介していきます

それぞれ、詳しく紹介していきます

カタログ燃費とは?

カタログ燃費とは、車のカタログに載っているような燃費のことです

「平坦な坂道のない道で」「エアコンやカーナビ、オーディオ等余計な電力を使わず」車を走行させて燃費を計測します

実際の公道ではちょっとあり得ない状況です

そのため、実燃費とは大きな差が生まれてしまいます

実燃費とは?

実燃費とは、その名のとおり実際に公道を自分で走らせたときに計測された燃費です

一般的に、実燃費の方が、カタログ燃費よりも低くなります

この記事では、実燃費をもとにランキングを紹介していきます

”燃費の良い軽自動車”ランキングTOP20

ここからは、燃費の良い軽自動車TOP20を紹介していきます

なお、実燃費データを収集しているサイト「e燃費

1位:スズキ アルト 28.98km/L

1位は、スズキのアルトです

現行型のアルトは、2021年12月にデビューしました

個性を強調した斬新なスタイルが目をひきます。低燃費化や先進の安全技術を搭載し、軽自動車に求められる基本性能が磨かれています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
94.38〜137.9423.5〜27.728.98

2位:スズキ ワゴンR 24.51km/L

2位は、スズキのワゴンRです

現行型のワゴンRは、2017年2月に登場しました

「FA」、「FZ」、「スティングレー」という3つのスタイルをラインアップし、幅広い世代のライフスタイルとさまざまな価値観に対応しています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
109.89〜177.6521.8〜25.224.51

3位:ダイハツ ミライース 24.29km/L

3位は、ダイハツのミライースです

現行モデルは2017年5月に登場しました

シンプルな車づくりにより、低燃費と低価格を実現しながら、安心と安全をプラスすることで基本性能の向上が図られています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
86.02〜136.423.2〜25.024.29

4位:スズキ ハスラー 24.18km/L

4位は、スズキのハスラーです

現行モデルは2019年12月に登場しました

「もっと遊べる」「もっとワクワク!!」「もっとアクティブなクロスオーバー」をコンセプトにSUVの機能を融合した個性はモデルです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
138.71〜181.7220.8〜25.024.18

5位:スズキ ラパン 23.74km/L

5位は、スズキのラパンです

現行モデルは2015年6月に登場しました

企画から開発、デザイン、機能、装備、アクセサリーの設定に至るまで、女性の視点がふんだんに盛り込まれた個性はスモールカーです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
121〜159.4423.4〜25.223.74

6位:ダイハツ ミラトコット 21.86km/L

6位は、ダイハツのミラトコットです

現行モデルは2018年6月に登場しました

誰でもスマートに扱えるという点を重視して作られたベーシックモデルです。初めて車を購入するユーザーに最適な選択と言えます

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
116.27〜138.621.5〜22.621.86

7位:スズキ ワゴンRスマイル 21.81km/L

7位はスズキのワゴン Rスマイルです

2021年6月にデビューしました

ワゴンRをベースに、優れたデザイン性とスライドドアの使い勝手を融合させた、新しい軽ワゴンをコンセプトに開発されたモデルです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
129.69〜171.622.5〜25.121.81

8位:ダイハツ ムーヴ 21.29km/L

8位は、ダイハツのムーヴです

現行モデルのムーヴは2014年12月に登場しました

軽自動車クラスのスタンダードとしての地位を確立したモデルで、軽自動車の購入を検討しているユーザーが望む能力を真摯に追求しています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
113.52〜178.218.8〜20.721.29

9位:ホンダ N -WGN 20.88km/L

9位は、ホンダのN -WGNです

現行モデルは、2019年7月に登場しました

軽自動車の本質的な価値を磨き上げ、心地よく使えて親しみやすさを感じさせます。Nシリーズの中では、スタンダードな位置付けです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
129.8〜182.7120.0〜23.220.88

10位:日産 デイズ 20.83km/L

10位は、日産のデイズです

現行モデルのデイズは、2019年3月に登場しました

「プロパイロット」を日産の軽自動車として初搭載したことが話題となりました。先進技術を搭載し、一歩先を行く軽自動車となりました

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
132.77〜188.2116.8〜21.220.83

11位:ダイハツ タフト 20.65km/L

11位は、ダイハツのタフトです

現行モデルのタフトは、2020年6月に登場しました

日常からレジャーシーンまで、車と過ごす毎日を楽しくしてくれる相棒をコンセプトに開発された軽クロスオーバーです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
135.3〜173.2519.6〜20.520.65

12位:ホンダ N-VAV 20.40km/L

12位は、ホンダのN -VAVです

現行モデルは、2018年7月に登場しました

日常的な生活の道具として、機能する商用バンとして開発されました。荷物の積載性はクラストップレベルで、趣味を強力にサポートします

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
127.6〜187.2217〜19.820.40

13位:ダイハツ キャスト 20.10km/L

13位は、ダイハツのキャストです

現行型のキャストは、2015年9月に登場しました

愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと、高い質感を両立させることで、個性を重視するユーザーニーズに対応した車です

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
131.45〜173.818.5〜21.020.10

14位:スズキ スペーシア 20.02km/L

14位は、スズキのスペーシアです

現行モデルは、2017年12月に登場しました

広い室内空間に、低床で開口部分を広くした両側スライドドアなど、便利な機能を圧縮することで、ファミリー層を中心に人気を集めています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
139.48〜192.2819.2〜22.220.02

15位:ホンダ N -ONE 19.83km/L

15位は、ホンダのN -ONEです

2020年11月に現行モデルが登場しました

プレミアム感とスポーツ性を融合させた個性はモデルです。質感を極めた車内の作りや上質な走りは、軽自動車の域を超越しています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
159.94〜202.2920.2〜23.019.83

16位:ダイハツ タント 18.11km/L

16位は、ダイハツのタントです

現行モデルは、2019年7月に登場しました

ミラクルオープンドアによる優れた利便性が持ち味で、誰でもスマートに扱える運転のしやすさも相まって、ファミリーユースに最適です

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
124.3〜202.418.8〜21.018.11

17位:日産 ルークス 16.61km/L

17位は、日産のルークスです

現行モデルは、2020年3月にデビューしました

1780mmの全高を生かした広い室内に便利な機能が充実しています。また、心地よく安全に運転できるなど家族で使う車に必須の能力が備わっています

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
141.57〜206.6916.4〜20.816.61

18位:ホンダ N -BOX 15.54km/L

18位は、ホンダのN -BOXです

現行モデルは、2017年8月に登場しました

ホンダが得意とするミニバンの魅力を凝縮した「ミニ・ミニバン」として開発されました。日本で最も売れている人気モデルです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
144.87〜217.2519.0〜21.215.54

19位:スズキ エブリイワゴン 14.63km/L

19位は、スズキのエブリイワゴンです

2015年2月に現行モデルがデビューしました

4人乗車しても荷室が広く、趣味の道具をたくさん積んで移動することができます。また、キャンプなどのアウトドアレジャーに最適な軽ワンボックスです

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
156.97〜192.9413.314.63

20位:ダイハツ アトレー 12.80km/L

20位は、ダイハツのアトレーです

現行モデルは、2021年12月に登場しました

1960年の誕生以来、ユーザーの求めに応えながら、時代の変化に合わせながら進化してきました。2021年7月に17年ぶりのフルモデルチェンジが行われました

価格(万円)カタログ燃費(WLTC)実燃費(km/L)
156.2〜206.814.712.80

”燃費の良い軽自動車”ランキング一覧

  • 1位〜10位
順位メーカー車名実燃費(km/L)
1位スズキアルト28.98
2位スズキワゴンR24.51
3位ダイハツミライース24.29
4位スズキハスラー24.18
5位スズキラパン23.74
6位ダイハツミラトコット21.86
7位スズキワゴンRスマイル21.81
8位ダイハツブーン21.29
9位ホンダN -WGN20.88
10位日産デイズ20.83
  • 11位〜20位
順位メーカー車名実燃費(km/L)
11位ダイハツタフト20.65
12位ホンダN -VAN20.40
13位ダイハツキャスト20.10
14位スズキスペーシア20.02
15位ホンダN -ONE19.83
16位ダイハツタント18.11
17位日産ルークス16.61
18位ホンダN -BOX15.54
19位スズキエブリイワゴン14.63
20位ダイハツアトレー12.80

コメント

タイトルとURLをコピーしました