トヨタ ハリアーのグレードを解説!各グレードごとの価格や特徴、違いなど

TOYOTA

車を選ぶ際、車種が決まったとしても、グレードごとに価格や装備内容が大きく異なる場合があります。

そのため、各グレードごとの特徴や違いを確認し、予算や、自分に必要な装備を搭載したグレードを選ぶことが、充実したカーライフにつながります。

そこでこの記事では、トヨタのハリアーのグレードについて解説していきます。この記事を読むことで、ハリアーのグレードについて理解でき、自分に合ったグレードを選択できるようになります。

そもそもハリアーってどんな車??

トヨタのハリアーは、1997年に発売したSUVです。発売当初から人気が高く、単なるSUVではなく、「プレミアムSUV」という立ち位置でした。日本において、高級SUVというジャンルを確立し、現在のSUVブームを牽引している車種といえます。ハリアーは前述の通り1997年に初代モデルが発売され、2003年と2013年、そして2020年にフルモデルチェンジが行われています。そのため、現行モデルは4代目ということになります。

SUVというと、スポーティーさを売りにしたものが多い中、ハリアーは、上質で高級感もあるエクステリア(外観)が魅力です。また、インテリア(内装)は、大人の余裕を感じさせるような上質で、落ち着いた雰囲気が演出されています。「プレミアムSUV」というだけあって、エクステリア、インテリアともにこだわって設計されています。

ハリアーの基本情報

  • 乗車定員…5人乗り
  • 燃費…14.7〜22.3km/L
  • 価格…299万円〜504万円
  • ドア数…5枚
  • エコカー減税対象
  • 駆動方式…2WD/4WD
  • トランスミッション…CVT
  • パワーユニット…2L/2.5L+モーター
  • 納期…5〜10ヶ月
  • 値引きガイド…9~19万円

ハリアーのグレード構成

車種によっては、10種類以上のグレードがある場合があり、わかりずらいものもありますが、ハリアーの場合は簡単で、大きく分けて、「S」、「G」、「Z」に分かれます。価格はこの順に高くなります。

「G」と「Z」グレードには、本革シートが標準装備となる、”レザーパッケージ”の設定があります。

2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンの2種類があります。

各グレードごとの特徴

ここからは、ハリアーの各グレードについて、特徴と仕様の違いを紹介していきます。グレード選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「S」グレード

引用:トヨタ

「S」は、ハリアーの中で最も価格が安い、エントリーグレードとなっています。上位モデルに比べると快適装備が省略されていますが、安全装備ではToyota Safety Sense」が標準装備されているなど、必要な装備は揃っています。

引用:トヨタ

ただ、「G」や「Z」などの上位グレードでは、18インチ以上のアルミホイールを採用していますが、「S」では、17インチのアルミホイールになっています。また、クステリアのメッキ加飾やインテリアの加飾類が省かれている部分があります。

「S」は価格を抑えて、手軽に、高級車ハリアーに乗ってみたいという方におすすめのグレードです。

引用:トヨタ
駆動方式エンジングレード価格(万円)
2WDガソリンS299
ハイブリッドSハイブリッド358
4WDガソリンS319
ハイブリッドSハイブリッド380

「G」グレード

引用:トヨタ

「G」は、「S」に比べて装備が一気に充実しますが、価格がリーズナブルに抑えられている印象を受けます。

エクステリア(外装)については、対向車や先行車が見えにくくなる蒸発現象を抑制しつつ、ハイビームの状態を保てるアダプティブハイビームや、プロジェクター式LEDヘッドランプが標準装備となります。また、フロントとリアのバンパーや、外側のドアノブが、メッキになり、華やかさのあるスタイリッシュなエクステリアになっています。また、18インチのアルミホイールになります。

引用:トヨタ

インテリア(内装)については、新型ハリアーの目玉のひとつである前後方録画機能付きのデジタルインナーミラーもこの「G」から標準装備となります。クリアな後方視界を確保できるほか、走行中の前後カメラの映像を録画できる機能が付いた優れものです。また、シートの電動調節機能や、リアゲートの電動開閉機能が標準装備されます。

また、この「G」から本革シートが標準装備となる、”レザーパッケージ”の設定があります。

引用:トヨタ
駆動方式エンジングレード価格(万円)
2WDガソリンG341
G”レザーパッケージ”371
ハイブリッドG400
G”レザーパッケージ”430
4WDガソリンG361
G”レザーパッケージ”391
ハイブリッドG422
G”レザーパッケージ”452

「Z」グレード

引用:トヨタ

「Z」は、ハリアーの最上級グレードです。その最大の特徴は、ディスプレイオーディオがさらにグレードアップしたT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備になることです。

高精細12.3インチのワイドタッチディスプレイにSDナビゲーションシステム、オーディオ・ビジュアル機能やスマートフォン連携機能、ETC2.0ユニットなどを搭載し、コネクティングサービスも使用できる多機能なナビです。

JBLプレミアムサウンドシステムは高性能な12chアンプや音響レンズを搭載したドアウーハー、ハリアーの室内空間に合わせて配置された9つのスピーカーによって迫力と臨場感のある音響空間を作り出します。車内の音質にこだわる方には、非常におすすめです。

引用:トヨタ

さらに、「S」では17インチ、「G」では、18インチでしたが、最上級「Z」グレードでは、19インチのアルミホイールになり、より豪華な印象になります。

また、「G」と同様に、この「Z」でも、本革シートが標準装備となる、”レザーパッケージ”の設定があります。

駆動方式エンジングレード価格(万円)
2WDガソリンZ393
Z”レザーパッケージ”423
ハイブリッドZ452
Z”レザーパッケージ”482
4WDガソリンZ413
Z”レザーパッケージ”443
ハイブリッドZ474
Z”レザーパッケージ”504
引用:トヨタ

まとめ

ハリアーのグレードは大きく分けて、「S」、「G」、「Z」であり、価格はこの順に高くなります。

「G」と「Z」には、レザーパッケージの設定があります。

2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンの2種類があります。

さらに、それぞれに2WDと4WDがあります。

Z”レザーパッケージ” 引用:トヨタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました