ハイラックスのグレードを紹介!各グレードごとの価格や特徴、違いなど

車を選ぶ際、車種が決まったとしても、グレードごとに価格や装備内容が大きく異なる場合があります。

そのため、各グレードごとの特徴や違いを確認し、予算や、自分に必要な装備を搭載したグレードを選ぶことが、充実したカーライフにつながります。

そこでこの記事では、トヨタのハイラックスのグレードについて解説していきます。この記事を読むことで,ハイラックスのグレードについて理解でき、自分に合ったグレードを選択できるようになります。

【あなたの愛車の最高額は!?】

車を売却する際、複数の買取業者を比較しないとしてしまうかもしれません。査定額を比較するだけで、50万円以上も高く売れたという事例もあります

もちろん査定をしたからといって、必ず売却しなければいけないわけではありません。

愛車の査定額を知るだけでも構いません。スマホで数分で簡単にできますので、ぜひご利用ください

↓↓↓

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ハイラックスってどんな車?

引用:トヨタ

ハイラックスはトヨタの伝統あるピックアップトラックで、SUVのカテゴリーに属します。また、現行の国産車では唯一のピックアップトラックです。このピックアップトラックとは、見た目のかっこよさや使い勝手の良い荷台を備えた乗用車のことです。初代のハイラックスは1968年に登場し、日本国内の販売は2004年に一度終了しました。しかし、それが2017年に復活しました。現行のハイラックスは8代目になります。

ハイラックスの特徴は、一般的なトラックとは異なりフロントボンネットが長く突き出したデザインになっていることや、巨大なボディサイズなどがもたらす圧倒的な存在感です。また、とにかく頑丈で、タフな車体は、かつては消防車などにも採用されていた背景を持っています。ハイラックスは荷台に荷物を乗せることが前提に設計されており、荷物を積んでいないと、乗用車よりもボディが大きく動いてしうなどのデメリットがある。しかし、その荷台を生かして、ビジネスからレジャーなど、幅広い用途に使えます。

ハイラックスの基本情報

  • 乗車定員…5人乗り
  • 燃費…11.7km/L
  • 価格…352.7万円〜431.2万円
  • ドア数…4枚
  • エコカー減税対象
  • 駆動方式…4WD
  • トランスミッション…6速AT
  • パワーユニット…2.4Lディーゼルターボ
  • 値引きガイド…9〜19万円
  • 月平均販売台数…780台(2021年10月~2022年3月)

ハイラックスのグレード構成

種類が多く、複雑なグレード構成になっている車種もありますが、ハイラックスの場合はシンプルで、大きく分けて、「X」と、「Z」の2つになります。さらに、「Z」には、「GRスポーツ」という設定もあり、3種類のグレードになります。

また、ハイラックスは全グレードにおいて、エンジンが2.4Lのディゼルターボ、駆動方式が4WD、トランスミッションが6速ATとなっています。

エンジン駆動方式トランスミッショングレード価格(万円)
ディーゼル4WD6速ATX352.7
Z388.2
Z”GRスポーツ”431.2

各グレードごとの違い

ここからは、ハイラックスの各グレードについて、特徴と仕様の違いを紹介していきます。グレード選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「X」

引用:トヨタ

「X」は、ハイラックスの標準グレードとなっていて、装備をさ必要最低限に減らすことによって、価格を抑えています。

エクステリア(外装)について、写真のように、「X」ではメッキパーツなどがなく、グリルやドアミラー、ホイールまで黒で統一されています。そのため、非常にシンプルです。また、ホイールは17インチのスチールホイールです。また、ヘッドランプとフォグランプもハロゲンタイプになります。

引用:トヨタ

インテリア(内装)についても、全体的にあまり加飾はなく、快適装備も最低限になっています。例えば、エアコンはダイヤル式のマニュアル操作になっています。また、シートはファブリックになっています。また、スピーカーは4つです。

安全装備についても、自動(被害軽減)ブレーキなどの「安全運転を支援する装置」も装備されません。

「X」グレードは、できるだけ価格を抑えて、ハイラックスに乗りたいという方や、商用目的で使用する方におすすめのグレードになっています。

引用:トヨタ

「Z」

引用:トヨタ

ハイラックスの上級グレードである「Z」は、現代のSUVに求められる快適装備や上質な内外装が特徴のグレードです。「X」との差額は355,000円と決して小さくはありませんが、装備類は「Z」の方が圧倒的に充実しています。

エクステリア(外装)については、「X」ではスチールだったホイールが、「Z」では17インチのアルミホイールになります。また、ヘッドライトとフォグランプはLEDとなります。さらに、メッキ加飾のフロントグリル 、ドアミラー、アウターハンドル、リアバンパーが装着され、高級感が高まります。

引用:トヨタ

インテリア(内装)については、シートが上級ファブリックに、エアコンがオートに、スピーカーが6つにそれぞれグレードアップします。また、キーを携帯していれば、ドアノブに触れなくても解錠/施錠ができるスマートエントリーなども装備されます。

また、4輪のいずれかのスリップを検知して空転する車輪をブレーキ制御する「アクティブトラクションコントロール」や、下り坂での走行をサポートする「ダウンヒルアシストコントロール(DAC)」、「プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)」などの安全運転を支援する装置も装備されます。

引用:トヨタ

「Z”GRスポーツ”」

引用:トヨタ

ハイラックスGRスポーツは、Z、Xよりも専用装備が充実し、操作性も向上しました。さらに、エクステリアとインテリアはともに特別なGRグレード仕様になっています。

Z・Xグレードのボディサイズが全長5340mm×全幅1855mm×全高1800mmであるのに対し、GRスポーツのボディサイズは全長5320mm×全幅1900mm×全高1840mm。GRスポーツでは車幅が45mm、全高が40mm大きくなり、GRスポーツ特有の迫力を生み出しています。さらにホイールも、ブラック塗装に切削を施した18インチアルミホイールになっています。

引用:トヨタ

インテリアについては、シートがGRロゴを刺繍した専用合成皮革のフロントシートになりました。また、ステアリングホイールとシフトノブも専用本革巻きになっており、スモークシルバー加飾により、高級感とスポーティー感を併せ持ったデザインを実現しました。

引用:トヨタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました