ライズのグレードの違いを紹介! 各グレードごとの違いや特徴など

TOYOTA

車を選ぶ際、車種が決まったとしても、グレードごとに価格や装備内容が大きく異なる場合があります。

そのため、各グレードごとの特徴や違いを確認し、予算や、自分に必要な装備を搭載したグレードを選ぶことが、充実したカーライフにつながります。

そこでこの記事では、トヨタのライズのグレードについて解説していきます。この記事を読むことで、ライズのグレードについて理解でき、自分に合ったグレードを選択できるようになります。

ライズってどんな車?

ライズは、2019年11月にデビューした比較的新しいトヨタのSUVモデルです。トヨタのSUVラインナップの中では、最もコンパクトで、安価に設定されています。

ダイハツ「ロッキー」の兄弟車で、最新のDNGAプラットフォームを採用し、高い快適性と安全性、走行性能を実現しています。構造やエンジン、装備などは共有しており、一見、同じ車のように見えます。

ライズは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに、街中での普段使いから休日のレジャーまで幅広く使える車として開発されました。全長4m以下という5ナンバーサイズのコンパクトボディで、小回りがきくため街中でも非常に乗りやすい車です。ちなみに、5ナンバーとは、小型乗用車のことであり、「5ナンバー=コンパクトカー」と考えていいでしょう。価格は200万円前後と安く、若年層やファミリーユーザーを中心に人気のあるモデルです。

「ライズの購入を検討しているけど、ライズの維持費はいくらかかるの?」

このように考えている方へ、下記の記事でライズの維持費についてまとめました。ぜひ、こちらもご覧ください。

ライズの基本情報

  • 乗車定員…5人乗り
  • 燃費…17.4〜28.0km/L
  • 価格…170.7万円〜232.8万円
  • ドア数…5枚
  • エコカー減税対象
  • 駆動方式…2WD/4WD
  • トランスミッション…CVT
  • パワーユニット…1Lターボ/1.2L/1.2L+モーター
  • 納期…3〜7ヶ月
  • 値引きガイド…5~10万円

ライズのグレード

車種によっては、10以上のグレードがあり、非常にわかりにくいものもありますが、ライズの場合、「X」、「G」、「Z」の3種類のため、わかりやすいです。値段は「X」、「G」、「Z」の順に高くなります。

以前は、「X”S”」グレードもあったのですが、2021年11月のマイナーチェンジの時になくなりました

それでは、各グレードごとの特徴や違いなどを見ていきましょう

「X」

引用:トヨタ

「X」グレードはガソリン車のみの設定で、2WDと、4WDがあります。

そして、最も安価なエントリーグレードである「X」の特徴は、先進安全装備が一切搭載されていないというとこです。また、オプション設定もありません。さらに、ホイールも16インチのスチールホイールで、スピーカーもチープな2スピーカーとなっています。ライズは、力強さやワイド感が魅力の車なので、少し物足りないと感じるかもしれません。

「X」は、予算を抑えてライズに乗りたいという方には、おすすめのグレードです。

引用:トヨタ

「G」

引用:トヨタ

「X」のワンランク上のモデルの「G」グレードは、ライズのグレードの中で最も人気があります。また、「G」グレードは、ガソリン車(2WD/4WD)と、ハイブリッド車(2WD)があります。

「G」の特徴としては、「X」では非搭載であった、先進安全装備が搭載されていることや、複数のオプションが追加可能であるということです。例えば、安全な車線変更をサポートしたり、後退時に左右から近づく車両を検知したりするブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラートや、パノラミックビュー対応ナビレディパッケージなどをオプションで追加できます。また、16インチのシルバー塗装のアルミホイールが標準装備されています。

引用:トヨタ

「G」グレードで、たくさんのオプションを追加し、自分好みにカスタマイズするのもおすすめの乗り方です。

引用:トヨタ

「Z」

引用:トヨタ

「Z」は、ライズの最上級グレードです。「G」と同様、ガソリン車(2WD/4WD)と、ハイブリッド車(2WD)があります。

「Z」の特徴としては、17インチの大径タイヤに切削光輝+ブラック塗装のスタイリッシュな17インチアルミホイールが標準装備されていることです。これにより、見た目の迫力感が増します。

引用:トヨタ

また、ウインカーは、流れるように光る、LEDシーケンシャルターンランプになります。

さらに、高速道路や自動車専用道路で適切な車間距離を維持しながら先行車に追従走行を行ってドライバーの負担を軽減する全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)を搭載しているため、ロングドライブが快適に楽しめるのも魅力です。

引用:トヨタ

各グレードごとの価格

グレードエンジン駆動方式値段(万円)

X

ガソリン2WD170,7
4WD198,48
Gガソリン2WD185,7
4WD213,3
ハイブリッド2WD216,3

Z

ガソリン2WD203,9
4WD229,92
ハイブリッド2WD232,8

まとめ

トヨタのライズのグレードは、「X」、「G」、「Z」の3種類あります。

「X」については、ライズの最も安価なグレードですが、オプション設定がなく、先進安全装備が一切搭載されていません。

「G」については、ライズのグレードの中で、最も人気があり、先進安全装備が搭載されていて、オプションが豊富にあるということが特徴です。

「Z」については、ライズの最上級グレードであり、迫力のある17インチのアルミホイールや、流れるように光るウインカー、ACCなどが装備されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました