トヨタ プリウスのグレードを紹介!各グレードごとの価格や特徴、違いなど

車を選ぶ際、車種が決まったとしても、グレードごとに価格や装備内容が大きく異なる場合があります。

そのため、各グレードごとの特徴や違いを確認し、予算や、自分に必要な装備を搭載したグレードを選ぶことが、充実したカーライフにつながります。

そこでこの記事では、トヨタのプリウスのグレードについて解説していきます。この記事を読むことで、プリウスのグレードについて理解でき、自分に合ったグレードを選択できるようになります。

【あなたの愛車の最高額は!?】

車を売却する際、複数の買取業者を比較しないとしてしまうかもしれません。査定額を比較するだけで、50万円以上も高く売れたという事例もあります

もちろん査定をしたからといって、必ず売却しなければいけないわけではありません。

愛車の査定額を知るだけでも構いません。スマホで数分で簡単にできますので、ぜひご利用ください

↓↓↓

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

プリウスってどんな車?

引用:トヨタ

プリウスは、トヨタが製造、販売している車で、初代は1997年に登場しました。現行型は2015年12月にフルモデルチェンジをした4代目です。プリウスは、世界初の量産ハイブリッド専用車です。ハイブリッド車の先駆者とも言える車なので、その歴史もプリウスの特徴です。プリウスはハイブリッド車の代名詞的な存在です。また、街中でもよく見かけることがあり、多くの方から愛されている車です。

ハイブリッドということで元々良かった燃費ですが、現在のモデルではさらに改善されていて、ハイブリッド車の中でも上位を争う燃費の良さとなっています。また、また近年は地球温暖化の問題が騒がれていますが、プリウスは排出ガスの少ない車なので地球に優しいのも魅力です。それに加えて、衝突被害軽減ブレーキなどがあり、安全性の高さも魅力的な車です。

プリウスの基本情報

  • 乗車定員…5人乗り
  • 燃費…25.4〜32.1km/L
  • 価格…259,7万円〜364万円
  • ドア数…5枚
  • エコカー減税対象
  • 駆動方式…2WD/4WD
  • トランスミッション…CVT
  • パワーユニット…1.8L+モーター
  • 納期…3〜4ヶ月
  • 値引きガイド…9〜18万円
  • 月平均販売台数…3250台(2021年10月~2022年3月)

プリウスのグレード構成

プリウスに用意されているパワーユニットは1.8L 直立4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドのみです。

プリウスは、「E」、「S」、「A」、「Aプレミアム」の4つのグレードになります。価格もこの順に高くなります。また、「E」以外の3つのグレードには、「ツーリングセレクション」の設定があります。

さらに、「S“Safety Plus II”」と、「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」「A“ツーリングセレクション・Black Edition”」の3種類の特別仕様車がラインナップされています。

また、特別仕様車や、駆動方式を含めると、全部で19種類の選び方があります。

これらを分かりやすくまとめると、下記のようになります。

2WD

エンジン駆動方式グレード価格(万円)燃費(WLTCモード)
ハイブリッド2WDE259,732,1
S273,130,8
S”ツーリングセレクション”290,227,2
A300,430,8
A”ツーリングセレクション”317,127,2
A プレミアム333,130,8
Aプレミアム”ツーリングセレクション”344,227,2

4WD

エンジン駆動方式グレード価格(万円)燃費(WLTCモード)
ハイブリッド4WDS292,228,3
S”ツーリングセレクション”31025,4
A320,228,3
A”ツーリングセレクション”336,925,4
A プレミアム352,928,3
Aプレミアム”ツーリングセレクション”36425,4

特別仕様車

エンジン駆動方式グレード価格(万円)燃費(WLTCモード)
ハイブリッド2WDS“Safety Plus II”281,430,8
S“ツーリングセレクション・Black Edition”294,727,2
A“ツーリングセレクション・Black Edition”321,627,2
4WDS“Safety Plus II”301,228.3
S“ツーリングセレクション・Black Edition”314,525.4
A“ツーリングセレクション・Black Edition”341,425,4

各グレードごとの特徴

ここからは、プリウスの各グレードについて、特徴と仕様の違いを紹介していきます。グレード選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「E」

引用:トヨタ

「E」は、プリウスのエントリーグレードです。装備を必要最低限に少なくすることで、価格を抑えています。例えば、スマートフォンと連携できる、8インチのオーディオディスプレイが装備されていないことや、ステアリングがウレタン仕様になっていています。

しかし、この「E」は、プリウスのグレードのなかで、燃費が32,1km/lと最も良いことが特徴です。また、キーを携帯していれば、ドアノブに触れるだけで開錠/施錠できるスマートエントリーや、オートエアコン分割可倒式のリアシートなど、実用性にかかわる部分はエントリーグレードとはいえ装備されています。

また、またトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」やペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」は全車に標準装備です。

「E」は、価格を抑えてプリウスに乗りたいという方や、とにかく燃費の良い車に乗りたいという方におすすめのグレードです。

引用:トヨタ

「S」

引用:トヨタ

「S」はプリウスの標準グレードになります。この「S」からは、4WDや、”ツーリングセレクション”などの設定が可能になります。”ツーリングセレクション”については、後ほど説明します。

引用:トヨタ

エクステリア(外装)に関しては、15インチのアルミホイールになります。また、全グレードに、1つの光源でロービームとハイビームの切り替えを行うことができる「Bi-Beam LEDヘッドライト」を標準搭載しているため、ヘッドライトの雰囲気はどのグレードも同じです。

インテリア(内装)に関して、「E」は、内装のカラーがブラックのみですが、この「S」からは、ブラックとクールグレーの2色から選ぶことができます。また、シートには上級ファブリック素材を用い、ステアリングホイールには、昇温・降温抑制機能が備わります。さらに、大型コンソールボックスが設置される室内空間では収納力も飛躍します。

引用:トヨタ

「A」

引用:トヨタ

「A」は、最上級グレードの「Aプレミアム」に次いで装備が充実していて、エクステリアや安全装備は「Aプレミアム」とほとんど同じです。

エクステリア(外装)について、ダークグレーメタリック塗装+シルバー塗装が施されたツートーンカラーの15インチアルミホイールを採用しています。また、ドアミラーヒーターが装備されていて、雨模様や降雪時であってもドアミラーの視界はクリアに保てます。

引用:トヨタ

また、「A」では、フロントドアガラスに99%紫外線をカットするスーパーUVカット機能付き・撥水機能付きの遮音性ガラスが採用されることに加え、運転席は8ウェイパワーシートになり電動ランバーサポートも装備されます。

安全性能については、ドアミラーで確認しにくい位置の車両の接近を警告する「ブラインドスポットモニター」や、スムーズな駐車をサポートする「シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付)」などの先進安全装備が追加され、安全性が向上します。

引用:トヨタ

「Aプレミアム」

引用:トヨタ

「Aプレミアム」はプリウスの中でも装備が最も充実しており、高級感・上質さにこだわった設計がされた最上級グレードです。

エクステリア(外装)について、足回りはダークグレーメタリック塗装+シルバー塗装ツートンの15インチタイヤになります。また、ライト類はヘッドライトだけでなく、フロントフォグランプにもLEDを採用していて、高級感のあるエクステリアデザインとなっています。

引用:トヨタ

インテリア(内装)については、下位グレードではファブリックや、上級ファブリックでしたが、「Aプレミアム」では、本革シートが標準装備になるほか、ステアリングホイールにも本革があしらわれ上質な雰囲気を感じさせます。

さらに、プリウスのグレードの中で唯一、オプションで「チルト&スライド電動ムーンルーフ」を追加することができます。

引用:トヨタ

ツーリングセレクションって??

引用:トヨタ

プリウスの「Aプレミアム」「A」「S」にはそれぞれ標準グレードを基に装備品をグレードアップした「ツーリングセレクション」が用意されています。

引用:トヨタ

エクステリア(外装)について、2トーンのボディカラーが選択できます。また、タイヤがセンターオーナメント付きの17インチアルミホイールに変更となり、リヤバンパーにはブラック塗装が施されます。さらに、フロント部分には「LEDアクセサリーランプ」も追加されます。そのため、よりスポーティーな印象になります。

インテリア(内装)については、「Aプレミアム」以外の「A」と「S」ではシートがファブリックから合皮にグレードアップします。また、「S」や「A」には、通常装備されない快適温熱シートが追加されます。

引用:トヨタ

まとめ

ここでは、トヨタ プリウスのグレードについて紹介してきました。

プリウスのグレードは大きく分けて、「E」、「S」、「A」、「Aプレミアム」の4つあり、「E」以外の3つのグレードには、それぞれ「”ツーリングセレクション”」という設定があります。

さらにこの4つのグレードの他に、「S“Safety Plus II”」と、「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」「A“ツーリングセレクション・Black Edition”」の3種類の特別仕様車がラインナップされています。

特別仕様車や、駆動方式を含めると、全部で19種類の選び方があります。

特別仕様車については、別の記事で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました